ネットショップ本店(独自ドメインサイト)の必要性

日本国内でECを始める場合、Amazonや楽天などのモールへの出店が
一般的ですし実際早期での売上獲得が可能なのもモールでございます。
しかしながら、出店料金や広告費用、売上手数料の負担は店舗の
利益率を圧迫致します。
ECを始める場合モールと並行して自社独自ドメインサイトも並行して
スタートする事をおすすめいたします。
自社独自ドメインサイトは成長させるのに非常に時間が掛かるため
EC事業開始とともに運営を開始した方が将来的にプラスになります。

■モールについて
弊社の今までの経験からお話すると

・家電、PC、ソフト
・書籍
・ファッション(特に洋服、下着など)
・大手メーカーのコスメ
・日用品、キッチン用品
・飲料
上記カテゴリーの商品を取扱いでしたらAmazonがおすすめです。
・食べ物(特に食材、お惣菜など)
・オリジナルブランドのコスメやサプリ
・中~高価格帯のジュエリー
・インテリア、雑貨
上記カテゴリーの商品を取扱いでしたら楽天がおすすめです。

元々のユーザー層の問題もありますが、広告出稿の形態や
商品単位でPRするAmazonとショップ(店舗)単位でPRする楽天の
機能的な違いなどが理由となります。

■自社独自ドメインサイトについて
上記でも述べました通り、自社独自ドメインサイトは成長に時間が掛かります。
しかし定期的な更新や低予算ながら的確な広告出稿で地道にファンを増やし
いずれはモールから自社独自ドメインサイトにシフトすることで
利益率を改善することが可能となります。



(株)ライフワークスホールディングス
みんなの通販ECチーム